マック ソーセージマフィンまずい?美味い?実際に食べてみた!値段・カロリー具材も掲載

mac

マック ソーセージマフィンをご紹介!

朝マックでリーズナブルに食べられるソーセージマフィン。

はたして、まずいのか?うまいのか?感想もレビューしていきます。

朝マックは、ソーセージバティが多いですね。

ビーフパティよりもソーセージバティの方が朝向きって事でしょうか。

ヨーロッパでは朝食はベーコンかソーセージですからね。

その習慣そのものなのかもしれませんね。

ソーセージマフィンはこんなハンバーガー

ソーセージマフィンは、朝マックの中で一番お安いバーガーです。

パティはソーセージ。

バンズではなくマフィンが使われています。

マフィンと言ってもイングリッシュマフィンです。

甘いマフィンもありますからね。

イングリッシュマフィンは、イギリスでは朝食に食べられる丸いパン。

ちょっと塩気があって、玉子やベーコンによく合う朝食の定番です。

イギリスと北アメリカの朝食として食べられているらしく、

アメリカ発祥のマクドナルドも朝はマフィンとなっています。

日本では朝ご飯にイングリッシュマフィンを食べる習慣がないので、

最初は戸惑いましたよね。

 

ソーセージマフィンは、イングリッシュマフィンの間にソーセージバティとチーズを挟んだシンプルなバーガー。

食欲がない朝でも食べやすいって感じはあります。

マック ソーセージマフィンの値段

単品:130円

 

マック ソーセージマフィンの具材

イングリッシュマフィン、ソーセージパティ、チェダースライスチーズ

 

 

マック ソーセージマフィンのラッピング

ラップングは通常のハンバーガーと同じ包み方になっています。

頭側が全て覆われていて、お尻側が綴じられている感じです。

マック ソーセージマフィンのカロリー

395kcal

マック ソーセージマフィンの炭水化物

27.2g

マック ソーセージマフィンの大きさ、サイズ

 

マック ソーセージマフィンはまずい?美味い?どっち?感想をレビュー

ソーセージマックマフィンは、まずいか?美味しいか?実際に食べた感想をレビューします。

まず、ソーセージマックマフィンの感想を言う場合、イングリッシュマフィンの感想が大きい気がします。

イングリッシュマフィンが美味しいと思うかどうかがソーセージマックマフィンの評価だけでなく、

朝マックのマフィンの評価になる様な気がします。

イングリッシュマフィンは冷めると少し硬い

イングリッシュマフィンの欠点は、普通のバンズより硬くて噛み切りにくい事。

焼きたてならまだしも、冷めると硬くなってしまいます。

この硬さが食べずらさに繋がっている様な気がします。

ヨーロッパでは、パンは結構歯ごたえのあるものだと思われていると思います。

主食となるパンは、フランスパンであっても、カンパーニュであっても、ドイツパンであっても結構歯ごたえがあります。

日本の菓子パンが異常に柔らかいので、パンは柔らかい物と思っているのとイメージ違うと思います。

ヨーロッパではイングリッシュマフィンは柔らかい方のパンでしょう。

ある程度歯ごたえがある方が食欲も徐々にわいてくるので、朝には良い気がします。

イングリッシュマフィンの塩味とソーセージバティの相性はいい

マクドナルドでは、朝マックにビーフパティはありません。

その代わり、ソーセージパティが登場します。

ベーコンかソーセージは、朝の定番なんだと思います。

ビーフパティには、肉の味以外味はついていません。

しかし、ソーセージには塩味がついています。

イングリッシュマフィンにも塩気が有るので、ちょうどいい組合せといえます。

ソーセージの味とチーズが程よくまっちして、

イングリッシュマフィンが包んでいる感じです。

普通のハンバーガーよりは、朝に食べやすいのではないかと思います。

 

 

 

まとめ

塩気のあるイングリッシュマフィンが食欲をそそる。

少し歯ごたえのあるイングリッシュマフィンを噛んでいる間に食欲が出る。

イングリッシュマフィンは、冷めると硬い。

ソーセージパティには塩気があって、チーズとマフィンの相性はいい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました